本文へスキップ
HOME 遺言のページ 相続のページ サポート内容 事務所情報 費用 お問合せ
遺言のページ 2

所沢遺言相続手続きサポートTOP > 遺言のページ> 遺言の方式
遺言の方式
遺言には二つの方式に分かれます。
○普通方式
○特別方式

普通方式はさらに3つの方式があります。
@自筆証書遺言
A公正証書遺言
B秘密証書遺言

特別方式はさらに2つの方式があります
@危急時遺言
 ○死亡の危急に迫った者の遺言
 ○船舶遭難者の遺言
A隔絶地遺言
 ○伝染病隔離者の遺言
 ○在船者の遺言
 自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言などの遺言の方式によって、注意すべき点が異なりますので、ご注意ください。
 
普通方式 1 -自筆証書遺言
自筆証書遺言は、遺言の内容全文、日付、氏名を自筆で書いて印鑑を押すことによって完成します。
(くわしくは、自筆証書遺言のページで説明します)

普通方式 2 -公正証書遺言
証人2人以上が立会い、公証人の前で遺言者が口述した遺言をもとに公証人が作成します。
(くわしくは、公正証書遺言のページで説明します)

普通方式 3 -秘密証書遺言
内容を記載した遺言書に遺言者が署名押印し、封筒に入れて封印し、公証人と証人2人以上に亭主してその確認を受けます。
(実際に利用されるケースは少ないです)
TOP |遺言のページ |相続のページ |サポート内容 |事務所情報 |費用 |お問合せ