本文へスキップ
HOME 遺言のページ 相続のページ サポート内容 事務所情報 費用 お問合せ
遺言のページ 8

所沢遺言相続手続きサポートTOP > 遺言のページ> 遺言の撤回
遺言の撤回
遺言者は生存中に、いつでも遺言の方式に従って、自由に遺言の全部または一部を撤回することができます。
撤回の方法は、自筆証書遺言の場合と、公正証書遺言の場合と異なります
自筆証書遺言の場合

○ 遺言書の破棄した場合

○ 前の遺言を撤回する旨の新たな遺言書を作成した場合

○ 前の遺言一部だけを撤回する旨の新たな遺言書を作成した場合

○ 前の遺言が新たな遺言と抵触する場合(抵触する部分に限り)

○ 生前に前の遺言と抵触する行為をした場合

 公正証書遺言の場合

○ 新たな遺言を作成して、前の遺言を撤回した場合
  (撤回の方法は、自筆証書遺言・公正証書遺言のうちどちらでも
   問題ありません)

○ できれば、公正証書遺言で撤回します
  (自筆証書遺言での撤回では、遺言書が発見できない危険性があります)

○ 前の遺言と抵触する遺言を作成した場合

○ 前の遺言一部だけを撤回する旨の新たな遺言書を作成した場合

○ 前の遺言が新たな遺言と抵触する場合(抵触する部分に限り)

○ 生前に前の遺言と抵触する行為をした場合

 
TOP |遺言のページ |相続のページ |サポート内容 |事務所情報 |費用 |お問合せ