本文へスキップ
HOME 遺言のページ 相続のページ サポート内容 事務所情報 費用 お問合せ
遺言のページ 9

所沢遺言相続手続きサポートTOP > 遺言のページ> 相続分と遺留分
相続分と遺留分
相続分について
民法では相続人と相続する順位と法定相続分が定められています
相続にとなる順位
 配偶者  常に相続人になる
 子(養子も含む)  第一順位、配偶者とは同順位
 直系尊属(父母、祖父母等)  第二順位、配偶者とは同順位
 兄弟姉妹  第三順位、配偶者とは同順位

法定相続分
 配偶者と子が相続人の場合  それぞれ2分の1
 配偶者と直系尊属が相続人の場合  配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合  配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

嫡出でない子の相続分は・・・
               嫡出である子の相続分の2分の1
父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は・・・
               兄弟姉妹を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1
遺留分について
遺留分とは、相続人に留保された相続財産の一定の割合のことです。
遺言者は、原則として遺言によって相続財産を自由に処分できます。
しかし、自由を無制限に認めてしまうと、相続人の期待を無視することにもなります。
遺留分は、その範囲での遺言の自由を制限しています。
遺留分減殺請求権について
遺留分を侵害された限度で贈与または遺贈の効力を失わせることができます。
遺留分を侵害し、減殺請求しうることを知った時から1年以内に行使しなければ時効で消滅します。
また、相続の開始から単に10年が経過した場合も同様に消滅します。
遺留分の割合について
遺留分を有する人は、配偶者・子・直系尊属に限られます。
相続の欠格・廃除・放棄によって相続の権利を失った者は、遺留分を主張することができません。


遺留分の割合
 直系尊属のみが相続人である場合  遺産の3分の1
 その他の場合  遺産の2分の1

但し、遺留分減殺請求権も、行使が権利の乱用と認められる場合などには、講師が制限される場合があります。
TOP |遺言のページ |相続のページ |サポート内容 |事務所情報 |費用 |お問合せ