本文へスキップ
HOME 遺言のページ 相続のページ サポート内容 事務所情報 費用 お問合せ
遺言のページ 10

所沢遺言相続手続きサポートTOP > 遺言のページ> 遺言の検認
遺言の検認
遺言書の検認の手続きは、遺言者が行うのではなく、遺言者が亡くなった後に相続人において行う手続きです。
公正証書遺言を除いた遺言書が該当します。
検認
申立人
 ○ 遺言書の保管者
 ○ 遺言書を発見した相続人

申立先
 ○遺言者の最後の住所地の家庭裁判所

申し立てに必要な書類
 ○ 申立書

 ○ 遺言書の出征から死亡時までのすべての戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本

 ○ 相続人全員の戸籍謄本

 ○ 遺言者の子または代襲相続人が死亡している場合、
    →その子また代襲相続人の戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本

 *相続人が遺言者の配偶者と父母・祖父母等の場合
 ○遺言者の直系尊属で死亡している方がいらっしゃった場合
   →その遺言者の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍・
     改正原戸籍)謄本

 *相続人が不在の場合
 *遺言者の配偶者と兄弟姉妹及び代襲者(おいめい)の場合
  →遺言者の父母の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍・
    改正原戸籍)謄本
  →遺言者の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本
  →遺言者の兄弟姉妹に死亡している方がいらっしゃる場合
     その兄弟姉妹の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍・
     改正原戸籍)謄本
  →代襲者としてのおいめいに死亡している方がいらっしゃる場合
     そのおいめいの死亡の記載のある戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本

申し立てに必要な費用
 ○ 遺言書(封書の場合は封書)1通につき 収入印紙800円分

 ○ 連絡用の郵便切手

検認の場合に注意すること
注意すること
 ○ 相続人には、申し立て後に家庭裁判所から検認期日の通知をします
    申立人以外の相続人が検認期日に出席するかどうかは、
    各人の判断に任されています。
    全員がそろわなくても検認の手続きは行われています。
 
 ○ 検認期日には、以下の者を持参します。
   1. 遺言書
   2. 申立人の印鑑
   3. 裁判所から指示されたもの

 ○ 検認期日で行われること
   1. 申立人から遺言書を提出
   2. 出席した相続人等の立会いの下に封書を開封
   3. 遺言書の検認

 ○ 検認が終わった後にすること
    検認済証明書の申請をします