本文へスキップ
HOME 遺言のページ 相続のページ サポート内容 事務所情報 費用 お問合せ
遺言のページ 5

所沢遺言相続手続きサポートTOP > 遺言のページ> 遺言の書き方(財産リスト)
遺言の書き方(基本)
遺言作成の準備として「財産リスト」を作成します
財産リストには、財産と負債を明確にします
財産・負債には、以下のようなものがあります
財産
○ 不動産
○ 預貯金
○ 有価証券
○ 債権
○ 自動車
○ 貴金属
○ 動産

負債
○ 債務

以上の財産や負債を誰に相続してもらうかを決めます。
また、遺言の作成に合わせて、それぞれの
財産や負債の特定をしておきましょう
財産・負債の特定 
財産の特定
○ 
不動産
  土地ー登記の所在と地番で特定します。
      地積や地目などを法務局で発行する「登記事項証明書」に
      基づき作成します。
  建物―登記の所在と家屋番号で特定します。
      建物の種類・構造・床面積などを「登記事項証明書」に基づき
      作成します

○ 
現金・預貯金
  銀行預金ー銀行名・支店名・預金の種類・口座番号で特定します
  郵便貯金ー貯金の種類・記号番号で特定します

○ 
有価証券
  株式・投資信託など
  証券会社名・支店名なども記入して特定します

○ 
債権
  発生した日付・対象商品・相手方の氏名や名称などで特定します

○ 
自動車
  メーカー名・車種・ナンバープレートの番号(車両番号)で特定します
  1台しかなければ、「乗用車」としておいても特定できます

○ 
貴金属
  指輪・ネックレスなどを特定できるようにします

○ 
動産
  動産の置いている場所などで特定します

負債の特定
○ 
債務
  たとえば、どこの金融機関のどの支店からの借入金かで特定します
  買掛金や租税公課なども対象です